公開「カツカレー特集」(Y!ライフマガジン)9月7日

特集「今日はどうしてもカツカレーが食べたい!」(ヤフー・ライフマガジン)が9月7日公開されました。

カツカレー発祥の地は「銀座スイス」だと言われています。が、実は「河金」の「河金丼」が元祖なのです。トンカツにカレーをかけてくれという客の要望に応えて誕生したとか。
スプーンじゃなく、箸で食べるのがオツなんですよ。

弊社で作成したカツカレー特集はこちらです。
ハーフモデルやフリー素材モデルのあの方がレポートしています。

 

 

 

 

 ヒマラヤに森をつくりたい!野口健さんのコンテンツがリリース!(9月4日)

9月4日「ヒマラヤに森をつくりたい! アルピニスト野口健が語るマナスルの未来」(Yahoo!ネット募金)が公開されました。

弊社リベルタではこの記事の構成・取材・制作を担当させていただきました。

 

ヒマラヤの小さな町、マナスルで清掃活動や、子供の教育、そして自然災害から集落を守る活動する野口さんの熱いお話をインタビュー記事としてまとめさせていただいております。

野口さんたちが行っている活動が功を奏し、高等教育が浸透すると子供たちが都会に出て戻ってこなくなる課題がマナスルにもあるそうです。


教育とは、外の世界を知ることであり、村の外に興味を持つということ。これ自体が悪いことでは決してありません。

だからこそ、村の外に出た若者たちが『また村に戻ってきたい、村で何かがしたい』そう思える環境を整えていかなければならないんです。そうしなければ、マナスルの村々は徐々に姿を消していってしまうでしょう。
そのためには、ただ教育水準を上げるだけではなく、自分たちの故郷に対する愛を育む教育も同時に行うことが不可欠だと感じています。」

(野口健さん言)


 

 

 

Yahoo!ネット募金はネットで手軽に募金ができる仕組みです。記事を読んで、共感していただけるようでしたら、募金の黄色いボタンを押してください!

インターネットは社会を変えるパワーを持っています。

 

関連URL:https://forgood.yahoo.co.jp/report/p13/index.html

Startup Dojo UBEでセミナー講師を務めます(10月2日)

代表の澤野啓次郎が、新規事業創造プログラム「Startup Dojo UBE」で、セミナー講師を務めさせていただきます。

 

〜以下、代表のコメント〜

 

会社を辞めてからの自分の起業体験から、田舎に外客を呼び込むインバウンド観光のポテンシャル、そして今地域で取り組んでいるプロジェクトについてお話をさせていただく予定です。

 

この3年でデスバレーを2回渡った経験(創業時2014年と第2創業時2017年)は、代え難い自分の財産になっています。

 

自らの力で道を切り拓いて事業を創るということは、それなりの自己変革が必要です。 自らが動かない限り、周りは誰も助けてはくれません。

 

ただ一生懸命半年くらい行動を積み重ねれば、なんとか道は見えて来るものです。気づかなかった自分の資産、自分が知らなかった市場での評価、その市場の深掘り、自分が持てる資産を棚卸し、それをフル活用して死に物狂いで使い倒す。

 

人生は一度ですから、思い残すことがないように今日を生きる行動力があるといいと思いました。評論する人は多いですが、実際に行動に移す人は不思議なほど多くはないので…。

 

 

 

あとは「自分を知る」ことが最も大事です。起業が全てではありません。どこにいてなにをしていようと、自分を知っていれば、自分がやりたくもないことに時間を使うことも、他人の評価に惑わされることもありません。

ただ自分が信じる道を突き進むのみです。「自分を知る」は、常に自分のインナーボイスに耳を傾けるということです。外野に振り回されることなく自分の内なる声を信じで、実行する。
まだまだ駆け出しなので偉そうなことは全く言えないですが、自分が何をやりたい人間なのかを知る、どんなことに楽しみを感じるのか、どんなことはやりたくないのか、誰とやりたいのか、これがいい自分の人生を創ると思っています。
そんな話が皆さんとできたらうれしいです!
↓↓

 

関連URL:https://ym-zop.co.jp/news/article/index.html?id=82

 

地域発の情報発信がテーマのイベント(9月20日開催)

2017年9月20日(水)トークセッション「今、地域に求められる情報発信力とは?」を開催します。

“地域発の情報発信でその価値を変える方法”を知る、ということをテーマに各界の専門家がトークします。

 

登壇者は以下の通りです。

倉重 宜弘 氏 ネイティブ株式会社(瀬戸内ファインダー、沖縄CLIP編集長)
徳谷 柿次郎 氏 株式会社Huuuu(ジモコロ編集長)
原田 一博 氏 株式会社morondo(枚方つーしん編集長)
西田 修一 氏 ヤフー株式会社(ヤフーの地域貢献活動・執行役員)

今、地域に求められる情報発信力とは?
*どのように地域資源を情報発信すれば、期待する効果が得られるのか?
*メディアやインターネットサービスは、どう地域に貢献できるのか?

をテーマに具体的な事例を挙げながらノウハウを考察していきます。

 

●地域メディアの現状
地方紙やタウン誌、エリア情報誌などは、古くから存在しており、広告掲載モデルや本誌購入モデル、またそのハイブリッド型のビジネスモデルでなんとか持続していますが、運営に余裕がある媒体は多くありません。
またエリアに特化した地域オンラインメディアの数も依然として増え続けていますが、広告だけに頼ったビジネスモデルでは持続的な運営は厳しいというのが実情で、地域メディアのその多くは、持続的な運営に不可欠な収益の確保に悩んでいます。 広告だけではない、ECや観光ビジネスを取り入れた地域のメディア事業のあり方も模索されているのが現在の地域メディアビジネスの姿なのです。

●地域の課題
ただ一方で地域の観光や物産の資源を地域から「情報発信」することで、地域活性を図りたい、という自治体や事業者のニーズは増え続けるばかりです。また情報発信はしたいのだが、どの媒体を使ったらいいのかわからない。どのような情報発信の仕方がいいのか、そのノウハウがない。そもそも情報発信するための人材がいない、など地域発の情報発信においては、様々な課題が山積しています。
また、6次化商品を作ったはいいがその販路がない、観光客を呼び込みたいがそのノウハウがない、都市圏に住むターゲット顧客層がそもそもどんなものを求めているのかがわからない、商品のトレンドが追えない、など都市圏と地域の「情報格差」が起因した地域事業のマーケティングの課題も大きなボトルネックとなっています。

●今求められる地域発の情報発信のあり方とは?
要するに、情報を発信したい人の課題、情報を発信する媒体を運営する人の課題の両方が課題として存在するのです。情報発信により課題解決を行いたい人たちは、どのように地域メディアを活用すればいいのでしょうか? また地域メディアはどのように課題を解決したい人たちを支援できるのでしょうか? 今回、「地域に求められる情報発信法」をテーマに実例を交えながら明日に活かせるノウハウを紐解いてまいります。

 

■日時:2017年9月20日(水)19:00~21:30(開場:18:20)
■会場:ヤフー株式会社 セミナールーム
東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー 18階受付
https://yahoo.jp/4LnAXG

■募集人数:50名(最大100名)
■参加費:2,000円(1ドリンク付き)

 

チケット(要事前予約):https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01nhm3z3s2cg.html

Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/333066873804799/

関連URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000024305.html